Research2

4.果実の機能性向上

 酸素や水素のプラズマを植物,特に果実に照射すると,植物の応答として,抗酸化物質や抗還元物質が生成されます.例えば,ブドウに酸素プラズマをあてると抗酸化物質であるポリフェノールが増加します.これは私たち人間にとっても機能性食品として健康増進に役立つものです.このようにプラズマを用いて,農産物の機能性を向上させる研究を九大農学部や企業と共同で行っています.この研究成果を元に,病害虫や気候変化に強い植物の開発も進められています.

 

5.プラズマが生体(動物・植物)に与える作用・効果の解明 

 プラズマを植物やその種子に照射することにより植物の成長が促進することが明らかになってきました.この成長促進のメカニズムの探索をしています.また最近では,動物細胞にプラズマを照射することで細胞内の遺伝子発現の変動が明らかになりました.今後,植物,動物細胞の遺伝子解析等を行うことで,プラズマ・ラジカルによる成長制御のメカニズムを解明する予定です.また,本技術を植物・農産物の増産や再生医療の期間短縮へ応用することを予定しています.本研究は,農学部や医学部と共同で進めています.